まんじゅうこわい

こんにちはー!やっほー!よたろうです!今回はちょっとしたお知らせのためにブログを書いています!

突然ですがしばらくTwitterをおやすみします。

こんなことのためにはてブロとは大層やなと誰かに怒られてしまいそうだけど少しだけこの一ヶ月くらいで感じたことを整理したいので書かせてください。ポエマーの人格出すけど許して。

理由はただTwitterが怖くなってしまったということに尽きます。そう、怖いのはまんじゅうじゃなくてTwitterです(ここは笑うとこ)。私の担当である朝田くんがちょっと騒動起こして以降、いろんな人のいろんな意見やいろんな反応が死ぬほど生々しくて鋭くて厳しいものに感じるようになりました。もちろんそれは誰にも悪意はないんですけど。性格のせいもあるのですがどんな発言でも呟いている人の本音を探してしまうようになりました。「こんな優しい言葉呟きながら本音は全然違うんだろうな」とか「朝田くんに対してどんな感情持ってんだろうな」とか。嫌だね〜〜嫌われちゃうねこんな人〜〜私も嫌い。とにかくいろんな人の放ついろんな言葉に軽率に傷付くようになってしまいました。そして他人の朝田くんに対する評価は自分のそれに少なからず影響していました。多くの人が私の大好きな朝田淳弥を批判する様を見て、純粋に大好きだった頃とは少し違う気持ちになりました。好きだけど。好きなものをずっと変わらずに好きでいたいのに案外その気持ちは簡単に揺れ動いてしまうものです。

そして私自身が呟くことに対しても怖さを感じるようになりました。以前からTwitterを自分の気持ちを吐き出すためのツールのひとつとして使っていたのですが朝田くんの一件以降、どんな言葉を呟いても誰かに嫌われてしまうのではないか、誰かを不快な気持ちにさせてしまうのではないかという恐怖が以前よりもどんどん大きくなりました。そして行き場のない苦しい気持ちや悲しい気持ちが下書きに溜まっていきました。もうたぶんどこにも出すことはない私だけの下書きが溜まる一方でした。そして突然コップの水が溢れるみたいに言わなくていいこととか誰かが傷つくようなことを深夜に呟いちゃったりしてそれで自己嫌悪に陥ることも珍しくありません。呟きたいけど呟けない、呟いたら自分のことを嫌いになっていく、そんな状況が自分を深く苦しめているように思います。

こんなことをズラズラ述べましたが、私はTwitterというものに感謝しています。特に関西担になってからですが、Twitterを通して本当にたくさんの人と出会い、たくさんのお友達ができました。そしてたくさんの人が朝田担の私を批判することなく認めて下さり、たくさんの暖かい言葉も頂きました。本当にありがとうございます。大して取り柄もない、絶世の美女でもない、文才もない、そんな私のことをフォローして仲良くしてくれたみなさん、感謝してもしきれません。中には私がきっかけで朝田くんのことを認識したと言ってくれた人や朝田くんといえばよたろう!と言ってくれた人もいました。朝田担としてこんなに光栄なことはありません。配慮の足りないツイートでいつか誰かを傷付けたこともあったかもしれませんが、それでもよたろうと仲良くしてくれてありがとうございました。本当に、心の底から大好きです。

 

Twitterはおやすみしますが、朝田担はもちろん続行です、辞めません。騒動後、いつか私は「帰ってくるまで私が朝田くんのことをTwitterで発信し続けるんだ」と決意しました。一ヶ月やそこらで決意が途絶えたこと、少しだけ悔しいけど、でも許してね朝田くん。

誰にも嫌われたくない、誰も嫌いたくない、好きでいたい私の逃げの選択ということは自覚しています。そんなこと言いながらどこかでしれっと復活するかもしれないけど。朝田くんがステージに帰ってくる時かな。

 

みなさん、本当に今までたくさんたくさんありがとうございました。いつかまたどこかで。

宇宙イチ素敵な朝田くん、重岡くん、楽ちゃんのこと応援してあげてね。

 

大好きな人達の明るい未来に、乾杯。